サハラに耐えたゼッケン留め

BIBFIX®(ビブフィックス)はスペインの企業CLIPDORFIX社スペイン陸上競技連盟(RFEA)が共同開発したゼッケン留めです。世界一過酷といわれるサハラマラソンをはじめ、世界各地のマラソン大会や陸上競技大会で採用されています。

スペイン陸連監修による安全性の高い設計

BIBFIX®(ビブフィックス)はゼッケンをしっかりキープするだけでなく、装着感や、万が一落とした時の事も考えて設計されています。

取り付け方法

(1)ゼッケンの四隅に9〜10mmの穴を開けてください。
専用パンチを使用すると便利です。
※万が一パンチを忘れてしまっても、穴あけ無しで取り付けられます。(詳しくはこちら



【布ゼッケンに穴をあける場合】
専用パンチは不織布用に作られているので、布に穴をあけることは出来ません。
(例外として卓球協会公認ゼッケンのように硬い生地の場合は穴を開けられます。)

布に穴をあけたい場合は「コンパスカッター」が便利です。
使用の際は手を切らないようご注意ください。
なお、同様の商品は100円ショップでも取り扱っています。


(2)ウェアを平らな台の上におき、ウェアとゼッケンをBIBFIX®で挟み込んでください。
カチッと音が鳴れば留まっています。


※画像クリックで拡大(別ウィンドウ)


<動画による説明>
海外版なので日本語表記ではありませんが、映像だけで理解できる内容になっています。